Menu

お知らせ

Home

お知らせ

美味しいりんごを頂きました

高山岊城ライオンズクラブの方からもだに農園でとれたりんごを頂きました。以前は生活介護の方々がりんご狩りに連れて行って頂いていましたが、今年は新型コロナウイルスの影響でりんご狩りが中止になったため、美味しいりんごを届けて頂きました。
3時のおやつにみんなでわけていただきました。 ぱわふるからお礼のお手紙を送りました。
ありがとうございました。

刀を作りました


今大人気のアニメキャラクターの刀を作りました。
長いビニール袋で刀を作り、段ボールで鍔(つば)を作りました。
刀の部分に自分の好きな模様を油性マーカー描き、鍔(つば)の部分は
硬い段ボールに穴をあけて、 形や色を考え 持手は段ボールの上に折り紙
を巻き個性豊かな刀が出来上がりました。
ビニール袋には空気をいれてふくらまし、いつはじけるかわからない
はかない刀を大切に持って帰りました。

ブロック療育をはじめました

ブロック療育の様子

ぱわふるでは第2土曜日をブロック療育の日と決め、支援の中に取り組みました。ブロック療育の日と決め、支援の中に取り組みました。ブロックを使った支援では、「指先の協調性・思考力・集中力の向上」「コミュニケーション力の向上」などの効果を目指しています。
 見本をみて「すぐできるよ」と言い、ぱっとできる子やスタッフの声がけで一緒に製作できた子など様々でした。

ぱわふるにおけるブロック療育の詳しい説明は後日させていただきます。おたのしみに・・・

日枝神社で落ち葉拾いと焼きイモの会に参加しました

 11月7日(土) 山王地区まちづくり協議会主催の 落ち葉ひろいと焼きイモの会に参加してきました。。天気は心配でしたが 雨も降らず、寒くもなく、軍手をはめ、落ち葉をひろいあつめました。他の方が沢山いても落ち着いて列に並び、順番を待って焼きイモが入っている袋と落ち葉の入っている袋を交換してきました。時間の関係上、参加できなかったお留守番組の方にも沢山の焼きイモを持って帰れました。町づくり協議会の皆様、ありがとうございました。山王地区町づくり協議会のページはこちら

福島ひまわり里親プロジェクトから感謝状がとどきました。
NPO法人チームふくしまという福島の有志の集まりによって設立された団体がこのプロジェクトを立ち上げ、それに賛同した全国のいろんな団体や学校等が参加しているプロジェクトです。これまでの活動参加人数は50万人以上、累計5000校以上の学校が参加されています。ステキバリエーションも4年前から参加しています。

ひまわりの種を送りました

 福島ひまわり里親プロジェクト事務局へこちらでできた種を送りました。
ぱわふるが開所したときからひまわり里親プロジェクトには参加しています。
今年も御礼のはがきがとどきました。
 ぱわふるでできた種が福島から全国にひろがっていき、もっと大きな輪に
なっていく事を望んでいます。

この度、ひっこし致します。

放課後等デイサービスなちゅらる

いつもありがとうございます。放課後等デイサービスなちゅらるは、 静かで穏やかな家庭的な環境の元で、人との関わりを培って頂きたい という願いのの元、10月に、ひっこしをさせて頂きます。
なちゅらるは、四季の移ろいを感じながら、友達同士、楽しさを共有し、 優しい時間をつくる施設として、新たにスタートさせて頂きます。
そして、家庭的な環境の元、将来の自立に向けて、自分でできることを 増やせる支援も展開していきたいと思います。
今後とも、放課後等デイサービスなちゅらるをよろしくお願い致します。

新住所:高山市上岡本町1丁目 387-12

新しい放課後等デイサービスなちゅらるの地図

美音之栄会が演奏訪問にきてくれました。

美音之榮会の演奏会

今年の1月にも演奏訪問に来てくれましたが、今回は感染症予防ということで、フェイスシールドで三味線、太鼓、唄、踊りを披露してくれました。
今回も鳴子を使い、リズムをとりながら楽しく鑑賞をしました。締太鼓(しめだいこ)の体験もしました。
まず、皆で順番に練習をして、ソーラン節の時には三味線と唄に合わせ、太鼓をたたきました。
演奏終了後には美音之栄会の皆さんとパプリカを踊りました。 美音之栄会のフェイスブックはこちら

今年も福島ひまわりプロジェクトに参加しました

ひまわり

ステキバリエーションは、NPO法人チームふくしま 福島ひまわりプロジェクトに参加し、今年は送られていた種を迷路のように撒きました。

ひまわりはすくすく育ち、背の高さまで隠れるほどに成長してくれました。

ドリームキャッチャー展示会
ぱわふるでは、利用自粛中の利用者様にドリームキャッチャー製作の提案をしました。
ぱわふるで作ったり、ご家族で、考えながら作っていただきました。
それぞれに個性があってとっても素晴らしい作品ができあがりました。!
ドリームキャッチャーとは・・・ 枕元にかけておくと良い夢だけが網目の真ん中をすり抜け、悪い夢は網目にひっかかり、朝日と共に消える
フィルターとしての役目があるという子供の魔除けとして飾られるお守りです。・・・

ぱわふるの畑でいろいろなものがすくすくと育っています。

ぱわふるの畑

 今年も福島ひまわりプロジェクトに参加し、送られてきた種を植えました。少し大きくなりました。  
 今年のぱわふるの畑はブルーベリーも植え、花が咲き、実も大きくなりました。
  生活介護の利用者さんが毎日水をまいてくださり、トマトも花が咲きました。

ステキバリエーションからの提案

パソコンで検索したり調理する子ども

 こんにちは 新型コロナウィルスによる自粛生活が長期化し、子ども達が学校や事業所へ通う事が当たり前だった事が「本当に幸せなことなんだ」と改めて感じる毎日です。
 子どもも大人も、生活が大きく変化していると思います。
そこで今回は、学校や事業所に通えない時間も、楽しく元気に過ごせるステキな提案をさせていただきます!  下記のサイトにリンクして下さい。

<学習サポート>
文部科学省 子どもの学び応援サイト
・「すき!がみつかる放課後たのしーと」
・岐阜県まるごと学園 (興味あるサイトをリンクしてね)

<料理負担の軽減>
・クックパッド 負担軽減お助けレシピ

<みて楽しもう>(動画
・休園中の動物園・水族館
・スポーツ庁のサイト
・リセマム 休校支援 運動不足解消の手助けするコンテンツ


パソコンやスマホを活用し、
『ストップ新型コロナ2週間作戦』を頑張りましょう!

ぱわふるのお部屋が替わりました

ぱわふるでは、利用者様に安全にご利用いただけるように消毒、手洗い、換気をおこなっています。
またイベントに関してもクッキングなどの調理イベント、人込みなどの外出イベントは、控えさせていただいております。

一日のスケジュールを決めて生活リズムを保ち安全第一に支援をさせていただきます。保護者様におかれましても困りごと、ご相談等ございましたら気軽にスタッフにお声かけ下さい。

  デイルームが広くなり更にクラブルーム(主に小学生対象スペース)とプレイルーム(室内運動スペース)が増えました。1人1人の子供たちのパーソナルスペースを確保し個別の対応と集団の支援をしながら様々な場面で生きる力を伸ばせる支援に力を入れていきたいと考えています。

出入り口が変わりました。入口のすぐ前の砂利まで乗り入れがOKです。スロープ近くに車をお留めください。